読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

『女信長』がヤバイらしい

フジテレビの『女信長』の視聴率がヤバイらしい。

痛いニュース(ノ∀`) : フジテレビ 「制作費数億円『女信長』視聴率20%を目指す!」 → 8%の大爆死! - ライブドアブログ

 

正直、こんなドラマをやっていたことすら知りませんでした。歴史物、特に戦国時代物は好きなのでちょっと気になったのでどんなものか調べてみたら、原作があったのですね。

女信長 (新潮文庫)

女信長 (新潮文庫)

 

ただ、歴史のifとして「~が女性だった」みたいな設定は上杉謙信沖田総司の例があるので、その系列というかパクリなのかな、と読む前から勘ぐってしまいます。余談ですが、「幕末純情伝」の牧瀬里穂は本当にかわいかったですね。

幕末純情伝?龍馬を斬った女? (光文社文庫)

幕末純情伝?龍馬を斬った女? (光文社文庫)

 

つまり、どうしても二番煎じ臭が漂う上にフジテレビのドラマと聞いて、男性の歴史ファンが見ると想定したのだとしたら、かなりマーケティングが失敗しているのではないでしょうか。

正直、最近の大河ドラマといい、女性を意識して女性が脚本などをした歴史物はファンタジーとしては面白いのかも知れませんが、歴史好きの人を完全に置き去りにしてしまってますね。それに、製作費用が○○億円!とか豪華キャスト!みたいな煽り文句を見ても「だから何?内容は?」と感じることがしばしばです。

どうせ信長をやるのなら、小泉元首相が読んでいることで話題になった「信長の棺」や明智光秀が主人公だけど信長も出てくる「覇王の番人」辺りをドラマにすればいいのに、と思ったのでした。

信長の棺〈上〉 (文春文庫)

信長の棺〈上〉 (文春文庫)

覇王の番人(上) (講談社文庫)

覇王の番人(上) (講談社文庫)