読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

熊本城マラソン2015の初心者枠はちょっとしたトラップだった話

すっかり町興し?イベントとして定着した感がある都市型フルマラソン。色々な地方で開催しているので、年に一回くらいは遠征してのレースを楽しみにしています。

そんな中、今年のレースに出場した友人がとても良かったと推薦してきたのが熊本マラソン。


熊本城マラソン2015

 

じゃあ、是非とも来年は一緒に出ようという話になり、抽選になることは覚悟して二人ともエントリーを完了。

その時、私は初めての参加なので「初心者枠」に応募。これは今まで熊本城マラソンを走ったことがない人のみがエントリーできる枠で、当然ながら当選率が高いであろうこと予想されます。そりゃ申し込まない理由がないわけで。で、友人はすでに走ったことがあるので一般枠で申込完了。

この初心者枠制度、今年の神戸マラソンでも同様の仕組みがあったので、きっと同じだろうと勝手に思い込んでいたのですが制度が違いました。

初心者枠と一般枠で抽選日が違う

何が驚いたか、って私の手元にメールで当選通知が届いたので、喜び勇んで友人に連絡すると「まだ届いてない」との返事。で、公式サイトを見てみると、一般枠は抽選発表どころか申込自体を締め切っていない。

どういうことなの、これ。

単に初心者枠だけ先に発表されただけな模様。で、初心者枠を落選した人は、改めて一般枠でも申し込める救済措置があるのですね。なるほど、とにかく初心者の人を増やしたい主催者側の思惑は分かりました。

私の場合はきっとレアケースなのでしょうが、一般枠の友人が不合格なら参加するつもりがないのです。でも、お金の払いの締切日までに一般枠の合格発表は行われないみたいだし。

しかも、当選通知からお金の振り込みまで一週間しかない。あげく厳密には当選通知のメールが届いた日には振込が始まっていない。この忙しい日々の中、すぐに支払いができないなら忘れる人が多そうだ。

なんだか、全体的なシステムに納得行かないな〜、と思いながら入金締切日までモンモンと過ごすことになりそうです。

 

あ、横浜マラソン2015の抽選は落ちました。高速道路を走ってみたかっただけど残念。