読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

【グルメ】箱根そば(小田原駅)でコロッケそばデビューしてみた【駅そば】

少し前、はてブでコロッケそばの話題が上がっていた。移動中のちょっと小腹が空いた時についつい寄ってしまう駅そば。コロッケ蕎麦の存在は知っていたものの、やっぱり邪道だろう、王道はかきあげだろうと思っていた。

 

立ち食いそば上級者はなぜ「コロッケそば」を頼むのか? - Excite Bit コネタ(1/4)

いつも天婦羅ソバを食べている自分は初心者の域から出てないってことか。今度コロッケソバを試してみよう。面白トッピングとしては唐揚げってのもあるな。

2015/01/08 10:27

 

が、その記事を読んで急にコロッケそばが気になり始めた。なるほど、天婦羅蕎麦は藪蕎麦や神田まつやなどの蕎麦の名店で食べればいい。駅蕎麦にならではのコロッケ蕎麦こそがジャンクな蕎麦として食べるべきなのではないだろうか。

食べるなら元祖の店で

そう思った時、偶然にも小田原に行くことになった。そう、小田原駅にはコロッケそばの元祖である箱根そばがある。コロッケそばデビューするのなら元祖の店から始めなければならない。新幹線への乗り換えまでの15分を利用して店に飛び込むことに。

f:id:hiro2460:20150128234855p:image注文    

しかし、店内のどこを見てもコロッケそばはオススメされておらず、むしろ前面に押し出されているのはかき揚げソバである。券売機でも中程にひっそりとコロッケそばのボタンがある。その値段は390円。カウンターで注文して待つこと2分。元祖コロッケそばが目の前に現れた。

f:id:hiro2460:20150128155528j:image

実食

コロッケ自体は冷たく出し汁の上に浮かんでいるだけである。そして、汁が染み込んだ部分とまだ染みてない部分にくっきり分かれている。まずは取りあえずコロッケを全部汁に浸してから食べてみる。
 
これは…美味い(・∀・)
 
出し汁が染み込んでコロッケの味が微妙に変わっていて、何とも言えないバランスになっている。箱根そばのコロッケはカレー味コロッケで、そこがまたポイントになっていそうである。
コロッケを一口食べてはソバを食べる。徐々にコロッケが原形を留めなくなって汁の中に溶け込んでいってしまう。そして、汁にはコロッケの油が浮かんでいて、さらにカレーコロッケの肉が染み出して少し黄色掛かった汁になった。そして、この汁を飲んでみると、これまた最初の味から少し変化していて美味しくなっている。
なるほど、コロッケソバ、やるじゃないか。
これからは駅蕎麦を見かけたらコロッケソバを注文することにしてみようと思う。ちょっとハマりそうである。
ごちそうさまでした。

 

立ち食いそば図鑑 東京編 [単行本] (マイウェイムック)

立ち食いそば図鑑 東京編 [単行本] (マイウェイムック)

 

  

「駅そば」読本

「駅そば」読本