読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

芦屋国際ファンラン2015で親子マラソンデビューしてチープインパクトに恐れおののく

ここ数年はダイヤモンドトレール(通称ダイトレ)に出場していたのだけど、今年は息子が一緒に走ってくれる、ということで芦屋国際ファンランに出場。

スタート地点まで自宅からそんなに遠くないこと、息子のマラソンデビューにぴったりの大会だと思って出場を決意。

毎回ダイトレと開催日が重なるのだけど、どちらかが一週ずらしてくれると両方出られて嬉しいんだけどな〜。

 

ファミリーの部は3km。

普段の走行距離を考えればアップみたいなものだけど、基本は息子のペースに合わせて。初めて3km走るので序盤に飛ばして疲れて脚が止まるような事態は避けたい。

そのため、とにかく序盤はゆっくりと、そして徐々にペースアップをしていく作戦。これが上手くいって、息子は歩くことなくゴールできた。

タイムは手元の時計で20分53秒。決して速くない、どころか後ろから数えた方が早い順位のはず。だけど、本人がきっちり完走して、これで少しでもランニングが楽しいと思ってもらえたら父親としては嬉しい話である。

 

ファミリー3kmの部に走って?いたのが仮装の馬。その名は「チープインパクト」。ディープインパクトを知ってる人間としてネーミングだけで笑ってしまう。

正確には、調教師と人間2人で構成される馬。合計3人。

今まで色んな仮装ランナーを見てきたが、コレはちょっと別格。思わず腹抱えて笑ってしまったほど。人間2人で馬になる、って思いつかないよ、普通。

この人達、仮装コンクールでも賞をもらったみたいで何より。

 

いやー、楽しい大会でした。