読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

【ラーメン】麺匠濱星の濃厚煮干しラーメン(横浜関内)

横浜関内での仕事帰りに立ち寄り。

麺匠濱星の場所

f:id:hiro2460:20180611084854j:image

駅としてはJR関内より、みなとみらい線馬車道の方が近い感じだけど、関内からも十分に歩ける距離。繁華街の中にあるので、ややもすると見落としがちで、通りから見える赤い提灯が目印に。

注文は濃厚煮干しラーメン

店内に入ると右手に券売機。なにやら期間限定もあるみたいだけど、初めての店では券売機の左上、の法則に従って濃厚煮干しラーメンを注文。煮卵やチャーシュー乗せなどトッピングも選べる。

そして気が付いてしまったビールと唐揚げセット480円。なんとお得なのか!期間限定とのことだが、これは迷わず購入。

ランニングした後だから大丈夫、と自分に言い聞かせながら。

濃厚スープに細麺が絡む

f:id:hiro2460:20180611085333j:image

まずはビールと唐揚げ到着。アツアツの唐揚げ(写真撮り忘れた)を頬張りながらビールで流し込む。いやー、やはり家で缶ビールを飲むより店で生ビールと唐揚げを食べる方が当たり前だけど美味しい。

f:id:hiro2460:20180611085339j:image

しばし経つとラーメン到着。

丼から匂い立つ煮干しの香り。これは間違いなく濃い。それもかなり。

スープをレンゲですくうと、ドロっと垂れていくところも、また濃いことを予感させるに十分な要素である。

さて一口。うわ。これは濃い。

もうドロドロになるまで煮込んだスープに細麺がじっとり絡みつく。スープが染み込んだ麺は、油断すると油がはね飛びそうなので注意してゆっくりすする。

口の中に広がる煮干し臭。これぞ濃厚煮干しスープ。いやー、ひさひざにここまで濃い煮干し系を飲んだ気がする。

このスープにチャーシューや卵もしっかり浸して食べる。そしてビールで流し込む。

うむ。美味しい。運動して疲れた体に染み込んで行くのが実感できる。やはり、やや塩っ気のあるものを肉体が求めていたのである。

ごちそうさまでした。