読む食う走る

ビジネス書から小説を読みながら、酒とラーメンで脂肪を気にしつつ、JGCとSFCで海外国内を旅しながらランニングする

【ラーメン】徹信(兵庫・西宮)の「坦々麺」は甘めの濃厚スープ担々麺

阪神西宮駅から真っ直ぐ北上、または阪急夙川駅から東へ徒歩10分ほど。駅近くではないのに、この近辺にはラーメン屋が集まっている。

その中の一つ、ラーメン徹信へ。

以前は無化調をウリにしたラーメンで、店も外から中が見えずちょっと謎めいた雰囲気で入りにくかった。

それがリニューアルオープンして担々麺専門店に変わり、外からもガラス張りで店内が見えるように。これは入りやすい。

f:id:hiro2460:20200312140402j:image

 

店に入ってすぐ右手にある券売機で購入。メニューは3種類。

  • 担々麺(やや辛)
  • 黒ごま担々麺(すっぱ辛)
  • 汁なし担々麺(しびれ辛)

今回は初めてなのでスタンダードな「担々麺」を注文。 

f:id:hiro2460:20200312140434j:image

 

カウンターとテーブル席の店内でカウンターに着席。全部で15人くらいは入れる感じ。

なんと電源タップが付いており、食べている間も充電できる。これは嬉しい。が、スマホの充電器持ってなかった...

待つこと5分くらいで着丼。

 

f:id:hiro2460:20200312140407j:image

 

乳白色のスープに肉みそ、よだれ鶏、玉ねぎ、青ネギ、カイワレをトッピング。

よだれ鶏が乗っている担々麺は初めて見た。サイドメニューに「よだれ鶏丼」がある理由が分かった。

これは昼なのにビールが飲みたくなるじゃないか...

 

辛みダレをスープに混ぜて飲んでみると、甘さがベースとなって、そこに辛さが少し追いかけてくる。

これなら辛い物が苦手な人でも問題なくいける。

激辛担々麺よりも、これくらいの甘さが残っているスープが好み。

麺に辛味噌を絡め、さらに、肉の弾力があるよだれ鶏を別に楽しむ。

うむ。これは美味しい。

 

さて、隣に後から座ったお客さんが「汁なし担々麺」を注文していた。

あちらは、担々麺に乗っている辛みダレよりも明らかに辛そうだった。次は汁なし担々麺に挑戦してみたい。