読む食う走る

ビジネス書から小説を読みながら、酒とラーメンで脂肪を気にしつつ、JGCとSFCで海外国内を旅しながらランニングする

【読書】お金で損しないシンプルな真実(山崎元) 資産形成3つのセオリー

老後資金に3000万円と言われる世の中。コロナ危機でそれどころじゃない、という声も聞こえてきそうであるが、若い人、とくに新入社員を中心とした20代に向けた資産設計に関する入門書の位置付け。と言っても中年のオッサンにも十分通用する基本的な内容。

タイトルは「お金で損しない」となっているが、単に損しないだけでなく資産を増やすための基本戦略が中心。その3ステップとして、

  1. 収入ー支出をコントロールしてプラスにする
  2. 一定金額を貯金する
  3. インデックス型の投資信託を購入する 

となっている。

収支をプラスにする

当たり前にして基本。収支をプラスにすること。

が、やはり難しいのは最初のステップで、若い頃はどうしても支出が増えがちになる。

出張が多かったり臨時支出があることもあるだろうから、毎月の収支に汲々とするのではなく、半年単位、年単位で見て収支が黒字になっていれば最低限はクリアしていると考えるとよいのではないだろうか。

一定金額は許容リスクに合わせて

『一定金額の貯金』も具体的にいくらあればいいのか、手取りの何ヶ月分を確保すればいいのか、はその人の生活スタイル(実家/一人暮らし、独身/既婚)によって変わる

それは許容できるリスクが変わるためである。

若くて独身なら、会社を退職しても日常的な出費も少なく早く職が見つかるだろうから、そんなに貯蓄はいらないかもしれない。

一方、妻子がいる中年サラリーマンだと日々の出費も多いだろうし、再就職が大変な可能性が高い。とすると、貯蓄も多めの方がい。

普通預金で維持するリスクのない資産がどれだけ必要か、それを自分で計算することから始めるのが重要だろう。

若い人で3か月、40代以上であれば6ヶ月分は欲しい。できれば手取り年収の一年分と行きたいところ。

インデックス投信で資産を増やす

そして、リスクを取れる貯金を投資に回す。

もちろん山崎元さん安定のインデックス投信の購入。SBI証券楽天証券で口座を開いて買えばいいだけ。もちろん、今なら『NISA』か『つみたてNISA』。

おすすめ投信はトピックス連動型MSCIコクサイ連動型。これを4:6の比率で購入、定期的にリバランスするだけで十分とのこと。

他にも無リスク資産として『個人向け国債変動10年』を勧めていたが、分散で購入するのが面倒になりそうなので、それなら『eMaxis 8資産バランス』という選択肢もありだろう。

積立投資でもいいけど、買えるときに買えるだけまとめて買っちゃえ、というのは大胆である。たしかに積立投資でも上昇相場のときは不利なので、買えるときに買えるだけ買う戦略も正しい気がしてきた。

おまけ

本書では、他にも「独身時代は生命保険は不要」とか「リボ払いや借金している人と交際するな」とかマネーリテラシーに関する注意点も書かれている。

いや、生命保険は独身には不要だし、リボ払いとか冷静に計算したらアカンやつ、とか思う。だた周囲にやっている人がいて驚いたので、まだまだ甘い勧誘文句に負ける人はいるようだ。

この辺りのマネーリテラシーが非常に読みやすく分かりやすい理由とともに書かれている。

私自身、もっと早く若い頃に知っていれば今みたいな貧乏状態にならなくて済んだのかもしれないが取りあえず今からでも始めてみようと思うのです。

世の中は残酷であり、己の頭の悪さを恨むのみ。若いころに知っていればもう少しお金に苦労しない人生を歩めたのかもしれない。

 

【プロスピA】ターニングポイントは自然回復で累計報酬を獲得できるか~無課金純正覇王への道【イベント攻略】

f:id:hiro2460:20200430214042j:image

プロスピAのイベント、ターニングポイント。

無課金派としては自然回復で累計報酬のSランク契約書を獲得できるか気になるので計算と実測。

結論としては、自然回復では届かずエナジー消費が必要だった。

累計報酬Sランク契約書に必要なポイント数

イベントは7日間。

Sランク契約書獲得は350万ポイントなので一日あたり50万ポイント必要。

一日の獲得ポイント数

ターニングポイントはステージ1から5までの5試合を一周する。

各試合は初級・中級・上級から選べ、難易度が上がるほど獲得ポイントは高くなる。

たまに超級が登場し、難易度は最高であるものが獲得ポイントは上級より多いが計算から除外する。

また、シルバーステージ、ゴールドステージなど獲得ポイントが2倍・3倍になることがあるが、偶然の要素なのでこちらも計算から除外する。

全ステージを上級でクリアした場合の5ステージ一周の合計点数は、毎回若干の点数ブレはあるものの、25,000ポイント超である。

ターニングポイントはエナジーを消費するイベント。

だいたい一日に20試合消化可能

5ステージで25,000ポイント。

一日に20試合(4周)なので単純計算で

25,000*4=100,000ポイント

一日100,000ポイント七日間で700,000ポイント。まったく足りない...

ボーナスポイント分を加算

ターニングポイントには獲得ポイントにボーナスポイントを加算できる。

TSなどガチャで出た選手、ターニングポイントイベントで獲得した選手を入れておくと各ステージでの獲得ポイントに加算される。

ガチャを回さず、序盤で獲得できるボーナスポイント選手は「A2体とB2体」で合計120%となる。

(300万ポイントでAランク選手が増えて160%となるが、終盤の話なので無視して120%ベースで計算)

一周5ステージで25,000ポイントの120%増しで55,000ポイントを獲得可能になる。

一日で4周するので、一日220,000ポイント、七日間で1,540,000ポイント。まだ半分以下...

不屈ドリンク分を加算

イベントを進めると「不屈ドリンク」を獲得できる。

これを1本使うとイベントを1回できる。

累計報酬までに獲得できる不屈ドリンクは36個。

ドリンク分で7周こなせるので

55,000 * 7 = 385,000

ポイント獲得できる。この分を加算すると、

1,925,000ポイント。あと約150万ポイント...

エナジー消費の計算

計算上、自然回復だけでは累計350万ポイントには届かず、150万ポイント強足りない。

一周5ステージで55,000ポイント獲得できるので、28周すればよい。必要エナジーは、

28 * 5 = 140

となる

実績

追加消費エナジーは70エナジーだった。

計算で算出した140よりも大幅に少なかった理由としては、

  • 超級がそこそこ出た
  • ポイント2倍・3倍ボーナスが多かった

あたりが考えられる。

ステージ5で超級3倍とか出て驚いた。

f:id:hiro2460:20200430214133p:image

各ステージのミッションはそこそこ失敗してるので、もっと成功率が上がれば消費エナジーも抑えられるはず。

イベントで100エナジー獲得したので通算プラス30エナジーでイベント終了。

無課金者でもありがたいイベント。

なお、累計報酬は楽天の嶋選手。

  

【書評】学力の経済学(中室牧子)

書店で平積みになっていた、ちょっと話題になった「学力の経済学」を読了。

学力を向上させるには、どの施策がコストパフォーマンスが良いのか、統計的な観点からまとめたもの。

ただ、実験は特定の環境を作り出して比較するため、日本ではほとんど実施されておらず、統計データはほとんどアメリカのものであることは、差し引いて考えるべきでしょう。アメリカは人種のるつぼと呼ばれるほど多種多様な人材にあふれているため、日本よりも統計サンプルとしては面白いのかもしれません。

なるほど、教育経済学という、こんな面白い分野があったのか、というのが第一の感想。

子を持つ親としては、やはり教育は気になるテーマなのは当然。

冒頭に「相関関係と因果関係は違う」と説明されているが、なぜこんなことをわざわざ書くのか不思議である。普通に考えれば、そんなことは高校や大学で学び、社会人で嫌というほど経験しているはずだからだ。

恐らく、この本を読む人には教育熱心なママが含まれていることを想定しているのでしょう。

教育ママがすべて高学歴であり統計学を学んでいるとは限らない、という前提に立って話を進めているのでしょう。そういった観点ではマーケティングがうまいというか、想定している読者が明確になっているのです。

さて、本書で主張されていたことで興味深いと思った3点。

勉強したことでお金をあげることは悪くない

テストの結果が良ければ賞金を渡すようなことの是非について、インセンティブを働かせることは悪くなく、成績を向上させることも可能とのこと。

ただし、結果に対してお金を払うのではなく、勉強したことそのもの(1時間勉強するとか)に対して払うほうがインセンティブが働きやすい。

これは、まだ子どもだと「結果の出し方」がよく分かっていないので、具体的な方法が分からなくて勉強しなくなる可能性があるため。

大人になると成果主義で給料が支払われることに違和感は感じないけれど、そもそも何をやればいいのか分かってない年齢の場合は、行為そのものにインセンティブを働かせればよいとのこと。

ゲームをやめても勉強時間はほぼ増えない

ある実験でゲームを強制的に辞めさせても、勉強時間は5分も増えなかったとのこと。

ゲームを辞めたとしても、その時間を勉強にあてるとは限らない。

そして、よくある「ゲームをすると暴力的になる」、「ゲーム脳になる」という妄想を統計的に否定している。

これ、当たり前の話で、ゲームがなかった時代の子供達は勉強してたのか、というとテレビを見たり漫画を読んでいた訳で、とにかく悪者を作る風潮は馬鹿馬鹿しい限りである。

努力したことそのものを褒める

「あなたはやればできるのよ」という元々の能力を褒めるより、「頑張って勉強したね」という努力したことに対して褒めた方が学力が向上する、という点は、なるほどである。

子どもとしては「努力したこと」自体を褒められるのがインセンティブになり、もっと頑張ろうと思うとのこと。

元々の才能自体を褒められるのと、受け取り方が違うのだとか。

また、この褒め方をしていると、「やればできる」という考え方に繋がっていくのだという。

これは非常に恐ろしいことで、「やればできる。ただ、まだやってないだけなんだ」という思考回路のままで大人になると、努力もせずに周囲を見下すような考え方を身に付けてしまいそうである。

まとめ

子どもの学力が気になるのは親として当然のこと。

学力だけに関してはプロの言うことでなく、子供を有名学校に入れた母親の著書がベストセラーになったりする、と嘆いていました。それはその通り。

なるほど、つい最近もそんな本を見かけました。興味ないので読んでませんが…

学力を向上させるために科学的な方法があり、それは統計的に効率的な方法が証明されている。

自分の子供は違う、この子の個性に沿った勉強方法がある、などと思わずに統計的に正しい選択を歩むというのが、一般人としては最も良い方法なのでしょう。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

  • 作者:中室 牧子
  • 発売日: 2015/06/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

【アフィリエイト】副業アフィリエイトのタイプ分類

副業にはアフィリエイトが低リスクでスタートできることもありオススメだが、そもそもアフィリエイトにはどんなタイプがあるのか。

そして副業アフィリエイターにとっての難易度を整理した。

情報商材

古くは与沢翼さんがこの商法で有名になり、アフィリエイトが怪しい商売扱いされる原因になったもの。

平たく言うと、何らかの情報を販売して手数料を収入として得るというもの。

自分が情報商材を書いて販売してもいいし、他人が書いたものを販売してもよい。

ただ、世の中に価値あるものは書籍化されて販売されるものであり、ネット上で情報商材で販売されているものの大半はロクなものじゃない。

心を鬼にして稼ぐことだけを考えれば商法商材でも稼げる可能性はあるが、まともな精神を持っている者はやってられない。

なぜなら情報商材の中身の大半は詐欺まがいであり、再現性のない手法ばかりだからである。

詳しくは闇金ウシジマくんフリーエージェント編に詳しい。 

 

Googleアドセンスなどクリック報酬広告

Webサイトを見ていると、バナーやテキスで表示される広告がある。

これは、その広告を閲覧者がクリックすると、その広告を掲載しているWebサイト運営者に収入が入る。

広告の単価は種類によって異なるため、雑記ブログよりもテーマを絞ったサイトの方が高単価の可能性が高いが、どちらが儲かるかは未知数である。

なお、Googleはアダルトサイトやまとめ系サイトでは審査合格が厳しいと言われており、その手のサイトは別のクリック報酬型の広告主の審査を受けた方が幸せだろう。

Google以外の広告掲載経験がないので詳細は不明だが、全面広告やアダルト系広告は一般消費者に嫌われる傾向にあるので、そのジャンルには手を出さない方が吉である。

Googleアドセンスに合格したら、あとは自動広告か場所指定固定広告の設定を行い、サイトへのアクセスを待つのみである。

一般的に、サイトのPVが上がれば広告収入も比例して向上する。なので、広告を設定したら、あとはPV向上施策を実施するのが最善種である。

報酬は低いが誰でも簡単にできる。

なお、自分で自分のサイト掲載広告をクリックするという最もシンプルな違反行為はすぐバレて報酬を取り上げられるのでオススメしない。

楽天Amazonのモール招致型アフィリエイト

Googleアドセンスでは広告をクリックしただけでサイト運営者に収益が発生したが、楽天Amazonアフィリエイトはクリックだけでは報酬にならない。

報酬の基準は、Webサイトから楽天Amazonに移動したのち、一定期間内に商品を購入した場合、商品代金の数%が収益となる仕組みである。

この商品購入は、Webサイトで紹介した商品である必要はなく、クリックして移動後に楽天Amazon内で購入した商品すべてが対象である。

1000円の商品を紹介しても、クリックしたのちに気が変わって10000円の物を購入した場合、報酬としては10000円に料率を設定したものが収益となる。

A8やafbなどのサイトアフィリエイト

楽天Amazonでは、とにかくサイトに誘導すれば、そのサイトで購入した商品の料率が収入になる。

つまり、極論すれば誘導さえできれば自分が紹介した商品が買われなくてもいいのである。

一方、A8やafbで紹介する商品は、紹介した商品を購入すると収入が得られ、購入した時の報酬が高い。

ピンポイントで商品を紹介し、その商品を購入してもらえるとリターンが大きいのである。

しかし、いくら商品を紹介しても買ってもらえなければ報酬はゼロ円である。

ハイリスクハイリターンの商品紹介がサイトアフィリエイトである。

しかし、高収入を狙うのであれば、圧倒的にサイトアフィリエイトが有利であり、世にいう高額収入アフィリエイターのほとんどはサイトアフィリエイトである。

まとめ

あたりまえであるが、低リスクで簡単に始められるものほど報酬は少ない。

副業でぼちぼち始めるのであれば、GoogleアドセンスAmazonの組み合わせが簡単なのだと思われる。

一方、ある程度の報酬を得たい、将来は独立して専業アフィリエイターになりたいという野望があるなら、サイトアフィリエイト一本である。

サイトアフィリエイはGoogle検索で上位に表示される、TwitterInstagramなどのSNSを上手に活用して宣伝するなど工夫が必要である。

しかし、検索キーワードを選定して上手にサイトを作ればCVRは上昇し、収入もよくなっていく。

Googleアドセンスとサイトアフィリエイでは攻め方が異なるため、どちらに進むのか始めるときに方針を決める方がいいのだろう。

 

【ラーメン】龍郎(茨城・つくば)豚入りラーメン

つくばにある二郎インスパイア系ラーメン屋。

関西からつくばに出張すると東京駅から思ったより遠いこともあり、前泊になることが多い。夜に到着したつくば駅近辺は物悲しく、歩いてラーメン屋を探すことに。

どうやら二郎系ラーメンの店があるらしい。さすが研究学園都市である。

駅からは徒歩10分くらい、筑波大学からは徒歩5分程度の住宅街近くの通り沿いにあるので、大学生と住人向けのお店だと思われる。

そこに黄色い屋根と見覚えのある「〇郎」の名前。

f:id:hiro2460:20200220202302j:plain

まあ、間違いなく入店前から二郎インスパイア系だと予想できるラーメン屋である。

※なお、この日はスタッフ不測のため商品提供に時間がかかる恐れがある、と店主直々のお詫びが。実際、店内は店主一人で切り盛りされていました。

券売機でチケットでラーメンを購入。まぜそばも気になるがまずは基本のラーメンから。

豚はやはり追加しておきたい。

そして麺も大盛りに、と思ったらなんと「大盛り無料」の案内が。さすが学生街。ありがたく大盛りを注文。

ニンニクコールは注文時にマスターへ。

ニンニクヤサイアブラをコール。

f:id:hiro2460:20200426003105j:plain


なお、ヤサイの量の目安が絵になって書かれているので参考にしながら注文できるので初めてにも優しい。まあ、見ないけど。

待つこと10分ほどで豚到着。

なんか、もう大盛りヤサイマシとか食べられる年齢じゃないのかもしれない。出てきたときにちょっとビビッてしまった。情けない。

 

が、食べ始めるとイケる。

二郎インスパイア系の中では醤油ダレが少し強めだが、ヤサイを混ぜながら食べるとどんどん食べれる。

また、豚は豚である。

柔らかく煮込まれて脂もたっぷりの豚は簡単に噛み切れ、中から肉汁が溢れ出て口の中を幸せにする。

結局、なんだかんだ言って、あっさり食べ切ってしまった。

つくばでも二郎系を食べることができるとは僥倖である。

ただ、そのままホテルに宿泊する出張でしか食べられないな、こりゃ。

今から客先で打ち合わせという前に、このニンニクたっぷりラーメンを腹いっぱい食べるのは難しそうだ。

なので、また宿泊出張の時に食べに来たい。

ごちそうさまでした。

 

 

【書評】カササギ殺人事件(アンソニー・ホロヴィッツ)

入れ子状態になった二つの殺人事件を追いかけるミステリー。

一つは、小説内の小説家であるアランが書いた『カササギ殺人事件』内で展開される1950年代のイギリスの田舎で発生する殺人事件。

もう一つは、『カササギ殺人事件』を書いたアランが殺された現代の殺人事件。

1950年代のイギリスの田舎風景や准貴族がどういったものでどんな生活をしていたかは、きっと「ダウントンアビー」やノーベル文学賞を獲得したカズオ・イシグロの世界観なのだと勝手にイメージしている。 

劇場版 ダウントン・アビー (字幕版)

劇場版 ダウントン・アビー (字幕版)

  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: Prime Video
 

  

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

 

 上巻のほとんどは作中作の『カササギ殺人事件』をが読み進めていく展開。

家政婦と准貴族が連続で死んだ事件について「犯人が分かった」と言って終わった上巻の続きが気になり、下巻の一ページ目を開くと現代に引き戻される。

おい、あの続きはどうなっただ。

それまでに犯人のヒントなんてありましたかね...とモヤモヤした状態が続くなか、今度は作者のアランが死んだ。

元々は途中で終わってしまっている未完の『カササギ殺人事件』の続きを探していたのだが、徐々にアランの死そのものを追いかけることになる。

最後、アランの死は作中作の『カササギ殺人事件』と密接に絡み合うトリックはまったく予想できなかったという点で驚いた。

でも、このアランの死も「カササギ殺人事件」の犯人も分かるようなヒントがそんなに転がっていただろうか...

 

とても上手に翻訳していると思うのだが、やはり原著の英語で読むと違う印象になるのかもしれない。アナグラムにも早く気付けるかもしれない。

わざわざ英語の文字を書いて、日本語のフリガナで書かれている英語を訳して、アナグラムの単語を推測しても、日常や仕事では使わない英単語だったりすると「分かるかい!そんなん!」という気持ちにもなる。

入れ子構造の殺人事件は一粒で二度美味しいし、緻密で初めて読んだタイプなので素晴らしいと思った。

が、それぞれの殺人事件のトリックも犯人も「うーん」という感じ。

それ、どこにヒントあったかな...疑わしかったけど、決定的な情報なかったよな、という流れなのでどうにも腑に落ちない結末だった。

 

  

 

【書評】京都ぎらい(井上章一)

京都は奥が深い。

というか面倒くさい

良く言えば、京都千年の歴史がある街。

悪く言えば、内にこもり外界を田舎者扱いする街。

今でこそ京都は観光都市として成立しているが、20年くらい前は海外はおろか国内の観光客も少なかったと記憶している。

が、京都ブームの一端を担ったJR東海のCM「そうだ京都行こう」シリーズは今見ても素晴らしい。あのCMを見て京都旅行に向かう人たちが続出した。

この時期のJR東海のCMは「シンデレラ・エクスプレス」も含めて神がかっていた。

バブル最強かよ。いいものは金が掛かってる。


JR東海 そうだ 京都、行こう。 1993~2018

 

二枚舌京都

そんな観光地京都に長年住む著者が、京都の面倒くさいところを描いた一冊。

そもそも『京都』とはどこを指すのか。

この定義が人によって違う。

昔から京都に住む人たちは『旧市街』を京都と呼び、それより外は『市外』と認識している。

タイトルの「京都ぎらい」の京都がすでに違うのだ。

著者は嵯峨野出身で宇治在住なので『旧市街』に住んだことはない。

中心の人から見ると田舎者なのである。

筆者もそれ自体は認めている。

嵯峨野は「むかし農家が肥溜めを回収に来ていた」地域だと初対面の著者をdisるのだ。ちょっとすごい。初対面の人間であろうと馬鹿にするのだ。

しかし、普段は市外の者は田舎者扱いしているくせに、都合よく嵐山や宇治も任天堂も京都と呼ぶ。 

本来の定義から行くと『市外』なのに、である。

二枚舌ここにありである。

拝観料はキャバクラに消える

すっかり観光地化した京都の財政を支えるのは寺社仏閣の拝観料。

拝観者の立場からは、庭の整備や文化財の保存に費用が掛かるので支払うことは当然と理解している。

しかし、どうやらこの拝観料は無税で、かつ、祇園のキャバクラに消えているらしい。

袈裟姿のままキャバクラで酒を飲む僧が大勢いるのだとか。

ちょっと信じられないですね。他地域の人間としては。

こういうことを書いても、「は?何が悪いの?」くらいに思ってるのでしょう。

もう感覚が違いすぎて分かり合えない世界です。

謎のプライドと生きる

とまあ、京都人(旧市街)の面倒なところが、京都人(市外)から容赦なく突っ込まれている。

県外人としては「京都人は面倒」と思っているのですが、近い人からも思われている。これは決定的。

あのよく分からないプライドは一体どこから来るのでしょうか

東京を中心とした新自由主義では家柄よりも自分の実力でのし上がった人が称賛される。下品な態度の人は嫌われるが...

その観点からは「その家に生まれた」ということだけで自慢する人たちが滑稽に映るの。

そのポジションにいるのは君の実力じゃないよね、と。

しかし、彼らも家に縛られて自由に人生を決めることができない苦しさもあるのでしょうか。知らんけど。

そして、それを跳ね除けるために、歴史や伝統を前面に出したいのでしょうが、そこはきっと分かり合えない世界。

なお、友人に住んでいる場所も家の歴史も聞いたらぶったまげるような人がいるが、いちいち何も言いません。

中途半端な人ほど家を自慢したがる、というのは京都に限らないだろうが、京都はめっちゃ面倒だということでしょう。

しかし、もうこうなったら、そのプライドと死ぬまで生きてほしいところです。

観光立国はどうなるのか

ついこの前まで外国人観光客が大量に押し寄せるオーバーツーリズムが話題になり、近隣のビジネスホテルまで高騰していた時代が懐かしい。

ここ数ヶ月は新型コロナウイルスの影響で、観光地にもホテルも閑散としているらしい。

まあ、ある意味ではいい気味である。今まで散々上から目線で見ていたのだから。

もっと落ち着いて、海外からのインバウンドに頼るのではなく、観光以外の収入源を見つけるべきなのでしょう。

と言ってもすぐには難しいのは間違いないですが...

祇園木屋町のあの派手なネオンサインと下品な人たちが闊歩するような、どこにでもある安っぽい街にして欲しくない、と心から願うのでした。

京都、好きでした。

 

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

  • 作者:井上章一
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: 新書