読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

【ラーメン】鶏ふじ 濃厚鶏白湯ラーメン(横浜 関内)

 横浜関内で前泊してのお仕事。

リッチモンドホテル横浜馬車道まではJR関内駅から徒歩5分だけれど、お腹が空いたので食べてからホテルにチェックインすることに。

雨が降っていて一度チェックインしてから再度でかけるのが億劫に感じたのが、その最大の理由かもしれない。もう雨が降ってると面倒なのよね、スーツで出かけるのが。

ラーメン鶏ふじの外観

さて、そのリッチモンドホテル横浜馬車道の目の前にラーメン屋が。道路を挟んで向かい側、徒歩1分。

f:id:hiro2460:20180613001336j:image

鶏白湯ラーメンがメインのラーメン屋さんの名前は「鶏ふじ」。看板には超濃厚の文字が。こってり系が好きな人間としてはそそられる文字である。

以前はもう少し関内駅近くにあったお店が引っ越した模様で、雨の影響か夜8時頃なのに客足はまばら。

店に入ると左手に券売機。

券売機では基本の左上。というか、そもそも鶏白湯ラーメンしかないのでトッピングを選ぶだけですが。

味の濃さなどを選べるのですが、やはりまずはノーマルの普通を注文。

カウンターで待つこと5分ほど。濃厚な雰囲気の鶏白湯麺が到着です。

超濃厚鶏白湯ラーメン

f:id:hiro2460:20180613001444j:image

おお、鶏白湯なのに少し濁ったスープの色は濃厚さをアピールしている。

その予想を裏切らない一口目。鶏の香りがしながらも、しっかりとコクがあり喉を過ぎてもしっかり味が残る。

そこに、トッピングされた岩海苔の味が染み出すと、動物系のスープに植物系の柔らかさが加味されると、スープに複雑さが増して深みが出てくる。

トッピングのチャーシューは赤身中心だけどしっかり時間を掛けて煮込んだことが分かる柔らかさ。メンマはびよーんと長く伸びているけれど、しっかり味が染み込んでいて柔らかくなっているので、歯ごたえはありながらも途中で噛み切れて、ちょうどいい感じ。

丁寧に出汁をとり、具体を一品ずつ仕込み、バランスよく仕上げられたラーメンは美味しかった。

で、どうやらラーメンの後に「雑炊セット」として白米をスープに投入するのがオススメのようだったが今回は辞退。さすがに炭水化物まみれだろう、と思いつつ、次回は挑戦してみようかと思わせる雰囲気でした。 

 

 ラーメン鶏ふじの場所

 

【ラーメン】麺匠濱星の濃厚煮干しラーメン(横浜関内)

横浜関内での仕事帰りに立ち寄り。

麺匠濱星の場所

f:id:hiro2460:20180611084854j:image

駅としてはJR関内より、みなとみらい線馬車道の方が近い感じだけど、関内からも十分に歩ける距離。繁華街の中にあるので、ややもすると見落としがちで、通りから見える赤い提灯が目印に。

注文は濃厚煮干しラーメン

店内に入ると右手に券売機。なにやら期間限定もあるみたいだけど、初めての店では券売機の左上、の法則に従って濃厚煮干しラーメンを注文。煮卵やチャーシュー乗せなどトッピングも選べる。

そして気が付いてしまったビールと唐揚げセット480円。なんとお得なのか!期間限定とのことだが、これは迷わず購入。

ランニングした後だから大丈夫、と自分に言い聞かせながら。

濃厚スープに細麺が絡む

f:id:hiro2460:20180611085333j:image

まずはビールと唐揚げ到着。アツアツの唐揚げ(写真撮り忘れた)を頬張りながらビールで流し込む。いやー、やはり家で缶ビールを飲むより店で生ビールと唐揚げを食べる方が当たり前だけど美味しい。

f:id:hiro2460:20180611085339j:image

しばし経つとラーメン到着。

丼から匂い立つ煮干しの香り。これは間違いなく濃い。それもかなり。

スープをレンゲですくうと、ドロっと垂れていくところも、また濃いことを予感させるに十分な要素である。

さて一口。うわ。これは濃い。

もうドロドロになるまで煮込んだスープに細麺がじっとり絡みつく。スープが染み込んだ麺は、油断すると油がはね飛びそうなので注意してゆっくりすする。

口の中に広がる煮干し臭。これぞ濃厚煮干しスープ。いやー、ひさひざにここまで濃い煮干し系を飲んだ気がする。

このスープにチャーシューや卵もしっかり浸して食べる。そしてビールで流し込む。

うむ。美味しい。運動して疲れた体に染み込んで行くのが実感できる。やはり、やや塩っ気のあるものを肉体が求めていたのである。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

【駅弁】崎陽軒の炒飯弁当(新横浜駅)

横浜駅の定番駅弁

横浜駅から新幹線に乗って帰る時の定番は崎陽軒シウマイ弁当である。やはり弁当の王様というか、他の選択肢はあり得ないよね、みたいな謎のプレッシャーが。

今日は乗り換えに時間があったので、一度在来線の改札を出て、新たな弁当を探しに…出たはずだったのだが、結局、改札外の崎陽軒のお店で弁当を購入。改札を出た意味がなかった...

シウマイ弁当と炒飯弁当の違い

だが、今回はいつもと違って炒飯弁当である!

シウマイ弁当より30円高い860円だが、白ごはんが炒飯に変わるのだから、こっちの方がお得かも…みたいに思ったのである。

にしても、駅改札内売店で炒飯弁当って売ってただろうか。いつもノータイムでシウマイ弁当を選ぶので気付かなかっただけかもしれない。

f:id:hiro2460:20180608183719j:image

新幹線に乗り込んで、いざ開封!もちろん、お供はビールである。

f:id:hiro2460:20180608183836j:image

具材はシウマイ3個、唐揚げ2個、タケノコ、錦糸卵、スパゲティ、紅生姜、そして炒飯! 

シウマイ弁当よりもオカズの種類がやや少ないが、その分、炒飯に注がれていると信じたい。

いざ実食

グリーンピースがやけに多い気がするが、ベタつくことないパラパラした炒飯なのに味が染み込んでいて、弁当ならではの味付け。

さらに肉の塊もゴロゴロ入っていて満足感高め。そこにオカズのシウマイや唐揚げをセットにすると、うん、小さな中華料理店に行った気分になれる。

シウマイ弁当は白ごはんが多いので、どうしても和の弁当テイストが強いのだけど、炒飯弁当は中華弁当テイストが強い。

白ごはんが炒飯に変わっただけで、ここまで雰囲気が変わるものなのかと驚いた。

まとめ

シウマイ弁当より30円高いけど、満足度も高い弁当だ。

和のテイストで行きたい気分の時はシウマイ弁当、中華気分の時は炒飯弁当と使い分けて行くと良さそうである。

いやはや、恐るべし崎陽軒

もちろん、お土産に「特製シウマイ」も買って帰ったので、家でビールのつまみにしようと思うのでした。

 

 

崎陽軒のシウマイレシピ70

崎陽軒のシウマイレシピ70

 

 

 

 

 

【読書】なぜ一流のリーダーは東京−大阪間を飛行機で移動するのか(能町光香)

なぜ一流のリーダーは東京―大阪間を飛行機で移動するのか」を読みました。

 

「なぜ◯◯は、〜するのか」

という題名にするのは最近の流行りなのでしょうか。

こういうタイトルにすれば売れる!というフォーマットでもあるのでしょうか。

数多くある書籍の中から選んでもらうために、こういうタイトルを付けているのだろうけど、もう食傷気味ですね。

 

書き手は一流リーダーの秘書 

本書は外資系製薬企業などで役員やリーダを勤める人の秘書を長年続けてきた人が、一流リーダーの行動や所作を見て得た知見を書いているもの。

 

一流リーダーと呼ばれる人の行動原理、気遣い、立ち居振舞いなど、確かに近くで見て話を聞いた人ならではの話がたくさん。

 

飛行機を使う理由はアイデア 

肝心の飛行機移動については、

「飛行機の上という非日常空間に身を置くことで様々なアイデアが思い浮かぶから」

とのこと。

 

普段から飛行機移動しているけど、新しいビジネスアイデアが思い浮かばない私。

私自身は一流でのなんでもない会社員だから当たり前ですが。

マイルとかJGCとかSFCとかそういう庶民的な話はまったく出ませんでした…

 

一流のリーダーから学べること 

一通り読んだけど、特に普段の生活や仕事に役立ちそうな話はなかった。

 

なぜなら、一流のリーダーが実際に思考して行動した内容を書いているのではなく、あくまで秘書とはいえ他人が書いたことだから

ゆえに、何一つ響いてこない。そもそも自分自身が何かを決断して実行している訳じゃないのだから。

 

そして、著者紹介欄には「伝説の秘書」とある。

自称なのか出版社が付けたのか分からないが、世界が違いすぎて聞いたことないし、自称されてもな…

何社も渡り歩いたみたいだけど、優秀すぎてヘッドハンティングにあったのか、単に本人が飽きっぽくて転職したかは不明。

ただ、友人に外資系金融機関や日系商社の秘書がいるけれど、彼女たちは同じ会社にいて辞めていない。

 

タイトルだけで図書館で借りた自分が悪いのだけど、久しぶりに得るものがない新書を読んだ

いや、この手の「◯◯はなぜ〜なのか」シリーズや外部から見たエリートみたいな自分ではないことを書いた本を選ぶことを止めよう、と決意させてくれた、という意味では価値のある本でした。

 

 

 

「なぜなぜ」シリーズとして一番面白かったのは、やはりこれ。 

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 

 

【読書】夜行(森見登美彦)

森見登美彦さんの最新作「夜行」を読了。

 

10年前、鞍馬の火祭を見学に行った帰り、突如として消えて行方不明となった女性。

そのときに一緒に出かけた友人が集まり、久しぶりに鞍馬の火祭に出かけようとするが、宿でこの10年間にあった話をしだすと、誰しもが不思議な体験をしていて、そのすべてが「夜行」という一連の絵に繋がっている。

果たして、10年前に彼女はどこに行ったのか。再び会うことはできるのか。そして一連の連作である「夜行」という絵はなんなのか。

 

 

この10年間に体験してきた話は、とても現実の世界とは思えないできごとばかりである。そのすべてに「夜行」という不気味な絵が関係している。

そう、まるで絵の中に誘い込むような顔のない女が立っているのである。

 

森見登美彦が放つ京都のほんわかワールドとは異なる不思議な展開。まるで絵の中から出てきたような女が現実世界に存在してくる。

これは現実なのか夢なのか。はたまた幻想なのか。

 

最終章、ついに意を決した仲間たちとともに鞍馬の火祭に向かうが、すでに祭りは終わった後。まさに後の祭り。

その帰りに主人公が体験する世界は、今までとまったく異なる世界であった。

 

実は「消えたのは彼女ではなく僕だった」

というオチ。それでも現実世界に戻ってきて、消えたと思っていた彼女にも会うことができた。

しかし、表の世界には「夜行」などという絵はなく、その作者は存命で「暁光」という一連の絵を描いている。そう、「夜行」の薄気味悪さとは正反対の明るさと生命がみなぎっている絵である。

ああ、なぜか次元の狭間に落ちてしまったけど、なぜか無事に戻って来れてハッピーエンドになるんだな、と思いきや、そのままでは終わらせないのが森見登美彦

えー、それ、まったく救いがないよな...

という流れになるのだが、ふと自分が生きているこの世界も、実は表ではなく裏側の世界だったりするのかもしれない。

でも、そこにいる本人は、表とか裏とか意識することはない。

そう考えると、世界は自分が信じているのが正しいと思い込むことで成立しているのかな、などと思うのである。

 

夜行

夜行

 

 

 

 

 

京都マラソン2017の感想と攻略法

京都マラソン2017に参加したので、その感想とサブ4を達成するための攻略メモなどを。

 

京都マラソンの思い出

第一回大会に参加したときは、10km過ぎの時点で5分程度のランナーストップにあった苦い過去しかありません。

スタート時間も8:15と今より45分早く、阪急電車も西京極に臨時停車することもなく、都市型マラソンの割には、地元の協力があまり得られていないのかな、と感じたものです。

あれから5年、京都マラソンもその地位を確保してきたようです。

スタート時間は第3回から9:00に変更されているし、阪急電車西京極駅快速急行を臨時停車させるし、JR京都駅からスタート地点までのシャトルバス(有料)は運行されているし。

前日受付のときの企業ブースの出店状況からも、その様子はなんとなくうかがえました。

もともと高校駅伝都道府県駅伝のコースとして使われている京都なので、マラソンを受け入れる土壌はあったのでしょうか。

 

hiro2460.hatenablog.com

 

怪我の状態

 2ヶ月前の奈良マラソンで左膝に鵞足炎らしき症状が出て以来、ゆっくり走れるようになったのは最近のこと。

おそらく2ヶ月で100kmも走っていない。

それどころか、そもそも痛みが完全に取れていない、というマイナスからのスタート。

鵞足炎から始まる左膝の痛みは治ったらまとめておきたい...

 

左膝が持つことを祈りつつ、膝のサポートに定評のあるCW-Xレボリューションタイプのロングタイツを履き、朝起きてからロキソニンを飲んで痛みを紛らわせる作戦に。

そもそもロングタイツを履いてフルマラソンを走るのは初めての経験なので、走りにくいとかあるだろうか。

 

 

今回の靴は悩んだ結果、adizero takumi ren。

奈良マラソンのときに購入したけれど、長距離は走っていない靴なので不安も抱えつつ、なんとなく奈良マラソンのときに履いていたadizero japan boost 3 は避けることに。

本当になんとなく、なんとなくなんだけど、こういう縁起をかつぐものなのでしょう。

痛みなく完走できれば嬉しい。できればサブ4はやっておきたいけど無理しない。

そんな感じでスタート。

 

膝の痛みは37km地点から

スタート地点で気温は10℃との放送が入る。

日差しのあるところは暑くなりそうな予感。これなら膝が温かくなるのも早いかもしれないと期待を抱く。

陸上競技者の聖地のような位置付けにもなっている西京極陸上競技場を出発し、市街地を抜けて渡月橋が見える嵐山へ。

ここまでコースはほぼフラット。スタート地点での混雑もあり、あえてゆっくり入ったこともあり、最初の5kmは27分。

ここからなら、まだサブ3.5も狙えそうだったが無理せずイーブンペースを維持。

 

10km地点。仁和寺を通過するが、第1回のときのようにお坊さん踊ってなかった。楽しみにしてたんだけど、残念。

この5kmもイーブンで57分。膝の痛みもない。このままならサブ4か。

 

仁和寺を通過すると緩やかなアップダウンが続くコース。ラップタイムが少しずつ乱れ始める。景色も単調になってくるので、やや飽きてくる。

中間地点のタイムは1時間53分。膝の痛みはない。サブ4は無難か。

 

賀茂川の高級住宅地を横目に見ながら森林植物園を駆け抜ける。この辺りは一番声援が大きかったのではないか、と思うほど人が多かった。ありがたい話である。

30km地点で2時間40分。なんか本当にイーブンで進んでいる。膝は何とかなりそうか。

 

鴨川の河川敷に入ると、アスファルトよりも膝に優しい感じがするけれど、一方で今までよりスピードが出にくく走りにくい。この部分のコースは変更されないのか。

35kmで3時間10分。トイレに行ったり私設エイドで大福食べてコーラ飲んでたのでロスしてしまった。が膝も持ちそうである。

 

クラシックな建築様式と大学応援団の声援の京都市役所を抜けるとラスト5kmほど。

が、ここで膝の痛みが出てくる。ふむ、この辺りが限界か。

一度止まって歩く、そして走る。が、今までのペースでは痛みが出るのでペースダウン。

無理すれば走れるっぽかったが、ゆっくり怪我をひどくせずにゴールすることを選択。

 

40km地点で3時間41分。歩いてでもサブ4達成できるし、あとは京都大学前のゆるやかな下り基調。歩いていると沿道からの声援が心に刺さる。いやー、走りたいんですよ、本当は...

 

ゴール地点の平安神宮がまったく見えてこないし、雰囲気も伝わってこない。

あれ、本当にそろそろゴールなんだろうか、と思って細かく曲がるとゴールがいきなり現れた。やっと終わりか...

 

ゴールタイムは3時間55分。

膝の痛みを抱えながら、2ヶ月ほぼ練習なしでサブ4なので、悪くないと思いたい。

心拍数は平均で150bmp、最大160bmp。最大心拍は登り坂のときに一瞬だけ記録しているので、ほとんど150弱だった。まだ余裕がある感じで残せたのがよかった。

f:id:hiro2460:20170219215939j:plain

 

今回の補給 

朝食とレース前の補給を少し見直し。レース中も基本的に各エイドでしっかり食べることに。

朝、オニギリ5個、味噌汁、バナナ

スタート1時間前にバナナ

スタート30分前にベスパのジェル

あとはエイドで出されるバナナ、パン、みかん、八つ橋(京都らしい!)などを適宜食べることに。

37kmで失速してしまったが、空腹やエネルギー切れではなく怪我の影響が大きい。やはり、普段から糖質を多めにして、グリコーゲンを貯めやすい体にした方がよさそうである。

 

完走者向けにはタオルとメダル

f:id:hiro2460:20170219215918j:image

完走者にはタオルとメダルが授与され、カロリーメイトアミノバリューなどのランニング後の肉体回復用ももらえた。

さすが大塚製薬がスポンサーになっているだけある。

 運動後の補給は、糖質6:タンパク質3:脂質1のバランスが良いと聞いたことがある。

カロリーメイトアミノバリューの組合せは最適なのではないだろうか。これからの練習でも見習ってみたい。

なお、カロリーメイトはチョコ味が支給されてけど、メープル味が好き。

 

大塚製薬 アミノバリュー4000 500mL×24本

大塚製薬 アミノバリュー4000 500mL×24本

 

 

 

 

 

京都マラソンの攻略法

新コースになった京都マラソンの攻略法をメモ。

京都マラソンのコースは全体的にフラットに見えますが、たいていは微妙に上り続けたり、下り続けたりしている。

ここでいかにペースを維持できるかが攻略の鍵。

ただ、上りも下りも無理すると、後半足が持たなくなるので、心拍計などで身体への負荷を一定にするのがポイント。

 

補給食は17km地点あたりのエイドでまでないのがキツい。それまでは3km毎にスポーツドリンクや水だけが置いてある。

特に4時間以上掛かる人は序盤で固形物などを補給できるように、自分で持って行くのがよさそう。

今回、固形物としてはスポーツ羊羹、あとはブドウ糖タブレット、VespaHyperだったがすべては使わず、エイドでの補給食で賄うことができた。

 

  

 

大丸本舗 保存用ぶどう糖 3g×25粒

大丸本舗 保存用ぶどう糖 3g×25粒

 

 

 

 

VESPA SPORTS(ヴェスパスポーツ) VESPA HYPER 9g

VESPA SPORTS(ヴェスパスポーツ) VESPA HYPER 9g

 

 

 

どこまで自分で補給食を持ち、どこまでエイドで食べるのか、ある程度計算できるようになるとタイムアップできるのであろう。

 

 

 

京都マラソン2017の前日受付完了

5年ぶりに当選した京都マラソン2017受付のために平安神宮横にある「みやこメッセ」へ。

平安神宮といえば、10年以上前に夜桜を見たのを最後にゆっくり見学してないと思いつつ、今日もそんな時間がないのでそそくさと受け付けへ。

金曜日の夕方に到着すると、さすがに人が少なく、IDチェックもゼッケン受け渡しも数分で完了。

 

f:id:hiro2460:20170217163327j:plain

 

あとは企業ブースなどをのんびり眺めようと思うと、最初に飛び込んできたのが「CW-X」ブース。ワコールの本社はJR西大路駅から見える京都企業でした。

タイツを履くことでテーピング効果を得られるCW-Xのロングタイツ。

ランナー向けとしてはレボリューションタイプが薄手でありながら、継ぎ目のない縫い方なので足に違和感を与えることなく履けることで人気があります。

 

 

展示ブースが少ないな、と思ったらなんと展示会場が2階にも。

こちらはステップスポーツや協賛企業がたくさん出展しているし、トークショーも行われているし、出店もあって賑やかな雰囲気。

折角なのでシューズを眺めてみたけれど、あいにくと欲しいサイズが売り切れ...

結局何も買わずに帰ることに。

第一回京都マラソンのときは、前日に出店しているブースもほとんどなく、東京マラソンに比べると随分と寂しい大会でした。

が、第6回目にもなると、ブースに出店したときの売上が大きいことが各企業分かった野か、かなり盛況になっていました。

 

また、京都という土地柄もあってか、外国人ランナーが目立ちました。

しかし、残念ながら案内が日本語ばかりなので、外国人の方には少し不便だったかもしれません。観光立国やマラソンなどで海外から人を集めるのであれば、少なくとも英語表記は必要ではないでしょうか。

 

 

今回の参加賞はスポンサーのワコールが提供する「BUFF」の多機能ネックウェアの京都マラソン2017バージョン。

このBUFF、薄い伸縮性の生地でできているため、ネックウォーマー、ヘッドバンド、リストバンド、キャップなどさまざまな使い道に変化するのだとか。

薄手の生地なので、普段使いでは暖かさを確保するのは難しいかもしれないけど、走るときには邪魔にならさなそうなので、使ってみようと思う。明日も現地に持って行ってからどうするか判断かな。

 

f:id:hiro2460:20170218150814j:plain

 

Buff製品はAmazonでも取扱いがある模様。

色も柄も豊富なので選ぶこと自体が楽しめそうですね。 

 

 

明日は奈良マラソン以来2ヶ月ぶりのレース。

 

hiro2460.hatenablog.com

 

奈良では開始5kmの段階で、左膝内側の痛みが発生して、早々にペースダウンを余儀なくされた。

結局、あれから完治することなく明日を迎えることになってしまった。

まずは序盤、身体が温まって膝の痛みが和らぐまでスピードを上げず、ゆっくり完走することを目標にしたい。

あれから月間走行距離は100km程度だし、最長20kmまでしか走らず筋トレを中心にやっていたので、どう考えても自己ベスト更新は難しそうである。

京都マラソン以後もレースが続くので、とにかく慎重にレースに入っていきたいところである。