読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読む食う走る遊ぶ旅する

アラフォーサラリーマンが本を読みラーメンを食べてマラソンを走って旅してIngressする物語。JGCとSFCのダブルホルダーだけどシンプルに生きて行きたいと願う日々。

『幻の瀧 大吟醸』皇国晴酒造(富山)は甘くて和の肴が合うお酒

富山出張のお土産として新しくなった新幹線お土産コーナーで購入。

せっかくなので富山県産の日本酒を探していたところ、富山県黒部市の皇国晴酒造のお酒を発見。

ウリは環境省が指定する「日本の名水百選」に選ばれている黒部川の水を使っているということ。日本酒は水で決まると言っても過言ではないと聞いているので試飲もせずに勢いで購入。

富山出張の帰りに日本酒を買って困るのは、大阪までの長い旅路サンバーバードの社内で飲みたくなってしまうことである。

その欲求を頑張って抑えて帰宅。

早速開梱。

f:id:hiro2460:20150529222543j:plain

 

f:id:hiro2460:20150529222602j:plain

  • 銘柄:幻の瀧 大吟醸
  • 分類:大吟醸
  • 原材料:国産米
  • アルコール:16度
  • 精米歩合:50%
  • 日本酒度:+4
  •  酸度:1.2
  • 使用酵母:酵母9合

 

まろやかな舌触りの後、甘い後味が舌先に残る。

お酒だけを飲み続けるには、少し甘みが気になるが、肴と一緒に飲むと味が引き締まって美味しく感じた。

 

総合的には、好きなお酒に分類される。

一人で酒だけをじっくり飲むのではなく、肴と一緒に飲むお酒なんだなという印象。今回は野辺山ウルトラマラソンのお土産に買ってきた信州の肉味噌をちまちま食べてたけど、これがなかなか止まらない美味しさだった。

 

ご馳走さまでした。

 

 

皇国晴酒造 幻の瀧 大吟醸 瓶 箱入 720ml

皇国晴酒造 幻の瀧 大吟醸 瓶 箱入 720ml