読む食う走る

ビジネス書から小説を読みながら、酒とラーメンで脂肪を気にしつつ、JGCとSFCで海外国内を旅しながらランニングする

【ラーメン】芦屋らーめん処 花麺(兵庫・芦屋)の「醤油ラーメン」野菜の甘さが際立つスープ

芦屋に2020年1月に新規オープンしたお店。芦屋はラーメン屋の閉店が続いていたので嬉しい新規開店。

開店当初は行列

JR芦屋駅からは徒歩7分くらい、 阪神打出駅からは徒歩5分くらいか。国道2号線沿いラーメン屋では珍しく駐車場あり

オープン当初は昼から行列。夜にはスープ完売で閉店になるほどの人気。

1か月ほど経過して平日の21時過ぎに訪問すると、さすがに客足も落ち着いたのか、すぐに着席。

広めの店内

カウンターとテーブル席があり、近辺のラーメン屋ではゆったりした座席配置。店員も厨房と注文を聞くスタッフで分かれているほどの規模。

しかし、座席に案内されても水は出てこないし、注文も聞きに来ない。後から入ったお客さんには水を出していたので、どうやら存在を忘れられたようだ。

こちらからお願いしてメニューの一番上にある「醤油ラーメン」を注文。

f:id:hiro2460:20200310232645j:image

甘めのスープにおろし玉ねぎトッピング

着丼時に店員さんから「麺の上にあるおろし玉ねぎをスープに溶いて食べてほしい」との説明を受ける。

全体的にどこかで見た雰囲気のラーメンである。そう、すぐ近所の「楓林ラーメン」と「神座」である。

大人気ラーメン店の近くで、似たような雰囲気のラーメンを出すなんて強気だ。

野菜は白菜だけでなく、葉の部分が多い緑色の野菜は春キャベツか。白菜だけよりも甘く仕上がってる気がする。

おろし玉ねぎの風味は、丼一杯に散らばってしまうと風味が薄れるので、蓮華の中で少し溶かしてスープと飲むと甘みが際立つ。淡路島産らしい。近いし。

総じて安心感のあるラーメンなのだけど全体的にコクが薄いような感じがしたが、これはきっと好みの差か。

甘めのスープが好きな人は花麺、コクのあるスープが好きな人は楓林という風に住み分けできそうである。 

 

hiro2460.hatenablog.com

 

花麺には味噌ラーメンもあるので、次回は試してみようかと思う。

あ、あと、壁にはポエムが貼ってあるので興味がある人はぜひ。